葛城酒造 生米仕込み 百楽門 どぶろく 濁酒 1.8L≪加水火入れ12度≫11月下旬お届け 人気blogランキング『お酒・ドリンク』

葛城酒造 生米仕込み 百楽門 どぶろく 濁酒 1.8L≪加水火入れ12度≫11月下旬お届け葛城酒造 生米仕込み 百楽門 どぶろく 濁酒 1.8L≪加水火入れ12度≫11月下旬お届け

こちらは今までのタイプのお酒です。 毎年11月末に執り行われる『新穀感謝祭(宮中では新嘗祭)用の 御神酒として 使われるのはこちらのお酒です。 もろみを漉さないで、瓶詰! 葛城酒造 生米仕込み 百楽門 どぶろく 濁酒12度 加水 火入れ酒 (2002年から販売してきたお酒です) このお酒は搾ることなく、そのまま瓶詰いたしますので、お酒を飲むというよりは食べるような感覚です。しかし、アルコール度は12−13度で、蔵元曰く、どろっとしていますが飲みやすいとの事です。 今までは 神社だけのお酒でしたが、2002年から販売させて頂くことになりました。 限定品のため、ご予約注文分のみの仕込みとなります。 入荷次第順次、発送させていただきます。 ■原料米、奈良県産ひのひかり ■精米歩合酒母米60% 段掛米70%■アルコール度数12〜13度 ご注意!!とお願い!! 商品の性格上、まったく漉さない為、製造過程のごみらしきもの(黒い米や製造の為の櫂、桶、竹などの道具の破片)が混入の場合がある場合がございますが衛生上は問題ありませんので、取り除いてお飲みください。 ※店長からのお願い この12度 加水 火入れ酒のお酒は普通のにごり酒とは異なり独特の風味があります。はっきり言って、ドライです。普通のにごり酒のつもりで飲みますと水臭く感じられる方も居られます。 特殊な事情で造られるお酒ですので味のたくさんあるお酒がお好みの方はご遠慮して頂いた方が懸命かもしれません。 下に書いてあるお客様の声は、まさしく生の声ですが あくまでも参考程度に思ってください。
さらに詳しい情報はコチラ≫




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。